丹後天橋立大江山国定公園月例研修鬼っこのつぶやき

“秋の山歩き”行ってきました。

昨年からのコロナ禍で鬼っこの会活動は随分と縮小・制限されなかなか思うようには出来ませんでしたが、状況も少しずつ変わり月例研修を兼ね一般の方にも参加していただく形で秋のブナ林と丹後高山へ行ってきました。

まさに紅葉真っ盛りなブナ林。
風は少し吹いてはいましたが歩くには心地よく、今散ろうとしている枯れ葉は風に乗り、私たち歩く者の目に秋を感じさせるには十分な演出と光景の一部となって地へと舞い降りました。
全く動じていないと思っていた自粛という文字。
やはり多少の影響が自分の中にもあったようで、久しぶりに自然の中に身を置き季節を感じ、参加メンバーや参加くださった一般の方との何気ない会話の中に楽しさだったり学びだったりと充実した一日となりリフレッシュできました。

私たちは大江山連峰での活動がメインですが、このように他所へ出掛けることで大江山の良さや今後の活動課題などを探っていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です