春の見所

大江山de音楽菜no.1

前日の雨もあがり晴天に恵まれた4月24日。
大江山の麓にあるログカフェ"フローレスタ"さんの庭をお借りして”大江山de音楽菜”を開催しました。
少々冷たい風は吹きましたが、いい香りの”クロモジ茶”で温まっていただきいざ出発!


大江山自然愛好会の岩佐隆先生と共に周辺を散策しながら山野草を見て触って観察と採取をおこないました。
(採取は採っても良いところで行いました)


先生が手にしておられるこのタンポポ、種類が違うのです。
向かって左が西洋タンポポ、右が関西タンポポ。
西洋タンポポは名前の通り外来品種。
皆さんが足下でよく目にするのはこの外来品種が殆どだそうです。
フローレスタさん周辺にのみ本来のタンポポ、関西タンポポが咲いていました。


左が西洋タンポポ、右が関西タンポポ。
違いは一目瞭然!
西洋タンポポはがく片が反っています。
ぜひ足下のタンポポ、日本のものか外来品種か観察してみて下さい。
栄養価はとてもよいとのことであえてここでは記載しませんが、ググってみるとたくさん出てきます。
この日は天ぷらとサラダに添えていただきました。(^^)


少々苦みはありますがこれがまたいいアクセントになって春の味と化します。
たかがタンポポ、されどタンポポ…見かけよりもすごぃのです。

鬼っ子の会Facebookもチェックしてみて下さい。(^^)v

by Shi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です