大江山グルメ・スィーツ鬼っこのつぶやき

平家そば、行ってきました。

先日急にお蕎麦が食べたくなり『大江山周辺でソバは?』と考えたとき思い浮かんだのが、ググればすぐヒットする−雲原 大江山 鬼そば屋−さん。
そして以前鬼っこツアーでお世話になった元伊勢観光センターさんの奥にある−そば処いわと−さん。
さてどちらにするかなぁ〜と考えながらエンジンをかけ「さ〜この信号で右か左か・・・」と思ったとき、以前鬼っこ営業本部長(笑)から聞いたことがあった『平家そば”北平窯茶屋”』を思い出した。

まずは内宮めざしてまっしぐら。。。
「幟が立っていたら営業してるから」・・・その言葉どおりありましたよっ!

内宮のこの入口にこの幟があれば営業中のしるし!

早速ここから奥北原目指します。
川のせせらぎを聴きながら・・・と言いたいところですが、所々に待避所はあれど細〜ぃ道です。💦
自転車などで寄られる際はいぃですが、自動車で向かわれる際はお気をつけくださいね。😅


その細い道をソロソロと走り「こんな奥にホントにある?」と思ったころにこの鬼嶽稲荷の鳥居が現れます。
私はこのすぐそばだと思っていたら全く違っていてさらにその奥・・・。💦

「まだこの奥???」と思いながら進むとこの看板が現れ、看板通りココを左に。

するとまたまた幟が姿を現し、到着!!!
\(^O^)/

民家そのままの店構え。
コチラのメニューは・・・並盛り・大盛り・特盛りの3種類と北原でとれたお米でつくったおにぎり、あとはコーヒーという極々シンプルなメニューです。😊

私は縁側席に陣取り、大盛りをオーダー。(^^;
オーダーをしてから打つとのことなのでいただくまで少々時間がかかります。
時間に余裕のある時に訪れてくださいね。

その待ち時間、思いもしなかったソバのかりんとうが運ばれてきてこれがポリポリと食感もよく、とてもおいし〜ぃ!😊

奥北原の家並みを眺めたり、他のお客さんとこの雰囲気だからこその話題に花を咲かせながら楽しく待ちました。
で、いよいよメイン!!!

 

 

平打ち(?)って言うんですかね、こういう麺。
そばの香りを楽しみスルスル〜っとのどごしよく、付け合わせの”柿なます”も添えられていてとてもおいしくいただきました。(o^^o)

少しの会話でほっこりするようなお人柄がうかがえるご主人と奥さまお二人で、奥北原という私たちが生活する場所とは違う非日常的風景の中で営んで居られます。


時間に余裕のある時、ぜひ訪ねていただきたいお店です。
オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です